ヴィオラは、構造など基本的にはヴァイオリンと同じと言えますが、サイズと音域が異なります。

ヴァイオリンに比べて音域が低い分、ヴィオラの方が落ち着いたあたたかな音色になります。ソロの多いヴァイオリンの「主役」に対して、ヴィオラは内声部を支える「渋い脇役」といった感じです。オーケストラの中では、ヴァイオリンとチェロの架け橋のような役割を担い、ハーモニーを支えています。

また、ハ音記号で書かれた楽譜を使用する珍しい楽器のひとつで、演奏者人口も多くありません。人と違う楽器をやってみたい方、ぜひヴィオラにチャレンジしてみませんか。